図書館ネットワーク(連絡車)

トップページ>図書館ネットワーク(連絡車)


県立図書館と市町村図書館を "つなぐ" 連絡車
  県立図書館では、お探しの資料をお近くの図書館まで届ける取り組みを行っています。

 図書館には日々の利用者からさまざまな質問や要望が寄せられます。県内どの図書館でもこれらの質問や要望に確実に応えるため努力を続けています。しかし、個々の図書館だけではすべての図書や雑誌を揃えて提供することは困難ですし、所蔵スペースにも限界があります。

 県立図書館では、県内全市町村の図書館(中央館)を、コースを定めて週1回連絡車で巡回し、図書や雑誌を届けています。県立図書館に所蔵している場合はもちろん、なければ新規に購入したり、県内の他の図書館で所蔵しているところを探し、借り受けて届けます。文献のコピー(複写)についても、当館資料の複写を市町村立図書館にご依頼されればお届けします。

 また、市町村の図書館へ配布を依頼された寄贈資料や、図書館相互の連絡文書や掲示用ポスターなども届けています。

 図書館連絡車は、県立図書館と全県の市町村立図書館を結ぶ絆として、利用者の方々へのよりよいサービスに応えるための支援ネットワークシステムなのです。このシステムによって、市町村図書館は利用者のさまざまな資料要求にも応えることができ、県立図書館も自館の資料を全県民に使っていただくことができるのです。

 お近くの図書館で求める資料が見つからなくとも、あきらめずその図書館のカウンターにご相談ください。強力な図書館ネットワークで求める資料を探しだし、お近くの図書館までお届けします。



大学等の図書館との連携
  大学等の図書館が所蔵する専門性の高い資料も、連絡車でお近くの図書館までお届けできます。

 @平成15年4月から富山県立大学附属図書館へ、A平成17年4月から富山大学中央図書館、高岡法科大学図書館、サンフォルテ図書室へ、B平成28年4月から富山短期大学付属図書館へ、C平成29年4月から富山福祉短期大学附属図書館へ、それぞれ週1回の定期巡回を開始しました。大学図書館の専門的な資料についても、ご利用しやすくなりました。

 ※富山福祉短期大学、高岡法科大学の資料につきましては、県立図書館の窓口のみの扱いとなります。

高志の国文学館との連携
  高志の国文学館で、県立図書館の図書の受取りや返却依頼ができます。

 平成26年4月から、高志の国文学館へも巡回しております。
 高志の国文学館のご協力により新たに次の2つのことができるようになり、これまで以上に県立図書館の図書を利用していただきやすくなりました。
  @貸出手続き済みの県立図書館の図書を、高志の国文学館で受け取ることができます。
  A県立図書館へ返却する図書を、高志の国文学館に預けることができます。

※事前に、県立図書館で手続きをしていただく必要があります。
※詳しくは、参考ページをご覧ください。
 ⇒ 参考ページ: (高志の国文学館で、県立図書館の図書を受け取れます)




連絡車巡回経路図
連絡車巡回経路図
東Aコース
県立図書館−滑川市−魚津市−黒部市−入善町−朝日町−県立図書館
東Bコース
県立図書館−富山大学−富山市−県庁−県議会−高志の国文学館−サンフォルテ−舟橋村−上市町−立山町−富山南高校−県立図書館
西Aコース
県立図書館−高岡法科大学−小矢部市−砺波市−南砺市−県立図書館
西Bコース
県立図書館−射水市−県立大学−高岡市−氷見市−富山福祉短期大学−富山短期大学−県立図書館


HOME